ご質問、ご相談はお気軽にこちらまで。
Hotline : +84-90 668 5557
  • 「なぜBANVIETを選ぶのか」
    お客様のニーズに的確にお応えしてより高質と信頼性のあるサービスをご提供しております。
  • 「ハイクラス通訳」
    ベトナムでハイクラスの通訳として最適な通訳サービスをご提供しており、これまで沢山の経験を蓄積してきた人材がお客様の力になります。
  • 「ベトナム進出サポート」
    BAN VIET社は、各地方の強力なネットワークを活かし、これまで蓄積した経験とノウハウを基盤としてお客様のベトナム進出を最大限にサポート致します。
100
セミナー以上
通訳実績
@ ビザ、労働・滞在許可の取得サービス

●ビザ取得:

一般ビザからビジネス用3・6・12ヶ月マルチのビザ、緊急なビザまで、全ての各種ビザ取得可能なサービスをご提供しております。特に、複雑な場合でも対応可能ですので、各種ビザ取得をお任せください。

詳細はこちら

●労働許可・滞在許可の取得:

手続き準備から許可取得まで全面にサポートしております。
ホーチミン市と各地方におけるお客様(企業さん)に労働許可・滞在許可の取得サービスをご提供しております。

※ビザ、労働許可、滞在許可の取得ならBAN VIETにお任せください。

お問合せ:090 668 5557日本語対応可能

@ 同時通訳用ワイヤレスマイクロホンのレンタル:

性能の良い発信機と受信機

同時通訳用ワイレスの発信機と受信機(ヘッドセット)を

レンタルしております。

少ない受信機(1〜3個)のご利用可能

ヘッドセット 発信機 (個) 受信機(個) セット/価格
VND USD
セット1 1 3 3.450.000 150
セット2 1 5 4.600.000 200
セット3 1 7 5.750.000 250
※多くの受信機をご利用する時、別途お見積もりをさせて頂きます。
詳細はこちら

受信機

小さな受信機と発信機なので簡単に持参できて使い易いです。

ご利用の受信機1〜2個でもレンタル可能です。

お問合せ:090 668 5557 日本語対応可能

@通訳ご手配のお客様へ

BAN VIET (BVC)社では、お客様の国際コミュニケーションや国際ビジネスに最適な通訳サービスをご提供しております。

特に貿易・輸出入、小売、製造、不動産、環境、上下水道、金融、証券、医学、製薬、食品、農水産、知的財産、法律、品質管理(ISO・QC・5S)、IT、技術系に日本語堪能な人材を確保しておりますので、それぞれ専門関連でも十分期待にお応えします。

専任コーディネーターの準備段階からのきめ細かいフォローアップで実りある異文化コミュニケーションをサポート致します。更にベトナム全土と海外への出張も可能です。

詳細はこちら

通訳の分野・場面・形態・時間について

■通訳分野:
経営、品質管理(TQM)、環境、上下水道、知的財産、ブランド、法律、監査、会計監査、IT、通信、医学、製薬、バイオテクノロジー、金融、財務、証券、
化粧品、飲食品、農林水産業、製造、機械、鋳造、電気、石油、輸送、建設、教育、文化、芸術、スポーツ、イベントなどの各業種及び官公庁関係。

■通訳場面:
セミナー、シンポジウム、プレスインタビューなどの大規模の会議から研修コース、ビジネス商談、工場視察、表敬訪問、展示会、開業式、結婚式、
懇親会、演奏会、アテンド、テクニカルビジットなどグローバル企業の通常案件と観光ガイドまで。

■通訳言語:
日本語、英語、ベトナム語
「日本語⇔ベトナム語、日本語⇔英語、英語⇔ベトナム語」

■通訳形態:
通訳場面に応じて使い分けます。
◎ 逐次通訳: 話者の発言が一区切りした後に発言部分の通訳が
挿入される形態。発言→通訳が繰り返される。
◎ 同時通訳: 話者の発言を通訳者が聞くとほぼ同時に通訳していく形態。
同時通訳用機材が必要です。通訳者は、通訳ブースから
マイクを使用して通訳します。聴衆は、専用イヤホンを通して
通訳音声を聞くことになります。

■通訳時間:
◎ 半日: 移動時間を含めた4時間→午前12:00迄、午後 17:00迄
◎ 一日: 移動時間を含めた8時間→午後17:00迄

ご依頼に関する留意点:
・通訳を利用したコミュニケーションを成功させるためには、まず通訳サービスについてご理解いただく必要があります。
・当社の通訳サービスは、正式にご依頼の時から始まっていることをご承知おきください。
・ヒアリングからサービス実施に至るまで丁寧にご対応することで、お客様に最適な通訳サービスをご提供します。

■ご利用時間
通訳者の業務時間は、通訳者の集合時間から通訳業務終了後の集合場所に戻った時間までです。お見積もりの際には、以下の2種類の時間枠からお選びいただきます。
•半日扱い
4時間以内の拘束 午前12:00迄(正午にまたがる場合は、全日扱いとなることがあります)
•全日扱い
8時間以内の拘束(昼食1時間を含む) 夕方17:00迄
これ以上のご利用時間は延長扱いとなり、1時間ごとに延長料金を承ります。
深夜・早朝に関してはご相談ください。